【真に強いリーダー】

2015年10月26日 コラム

リーダーというと、部下に強く指示・命令して動かすような
支配型リーダーを思い浮かべがちですが、
価値観が多様化する現代では、従来とは違ったリーダー像が
求められるようになってきました。
それは、サーバントリーダー。
管理・命令といった上からのベクトルで指導する
従来のリーダーシップの考え方とは異なり、
相手に対する思いやりや奉仕の精神を常に念頭に置くことが特徴で、
対話型のリーダーシップを発揮できる人。

サーバントリーダーには、他者を理解し、その可能性を引き出す能力が求められます。
正しいことを「見抜く力」や「実行に移す力」があり、
さらに、自分が持つすべての資源を他者に与えることができて、
部下からは「この人にならついていきたい!」と思われるような人こそ、
サーバントリーダーに適任。
やらせるというよりは、一緒にやる。
指示するというよりは、問いかけ続ける。
役割はリーダーであるが、部下を支援させてもらうという在り方。

これが出来るようになるには、実は強さがいる。
本当の人間のパワーが必要となり、ポジションのパワーで、
影響を及ぼさないということを言っているため、怖い人には怖いことかもしれない。
ポジションで人を動かさないということにつながるから・・。

でも、時代は変わり、もう、画一的な指示や命令では、人が動かなくなってきている。
本当に強いリーダーが必要です。

PAGETOP