【 仕事観を見つめるとは 】

2018年02月12日 コラム

仕事観は様々。
仕事の軸をどこにおいているのかというところから見てみると良いかと思います。

大きくこんな感じに分けてみました。

「好きなことを仕事にする」
「得意なことを仕事にする」
「社会の役に立つことを仕事にする」
「割のいいことを仕事にする」
「自分が成長するために仕事をする」
「組織に尽くすために仕事をする」
「やることになってることを仕事にする」
「生活にお金がいるから仕事をする」

どこに軸(意識)を置いて仕事をしているのかによって、
全く自分の心の中に生み出されるものが変わってきますし、
現実的に視る世界も変わってきます。

一つではなく混ざっていることはあると思いますし、
これ以外もあるかもしれませんが、軸をどこにおいているのでしょうか・・・。
考えてみましょう。
一つ一つを次回から詳しくご紹介していきます。

PAGETOP