【仕事に熱中し没頭する方が得】

2018年06月04日 コラム

今回は、仕事に対して没頭するという話です。
もし、好きなことの一つを仕事に出来たというのであれば幸せなことです。
どんどん仕事を自らやっていきたいと思うでしょう。
私も、今の仕事が好きです。好きなことをしてお金がもらえるなんて、本当に幸せなことです。

しかし、好きなことではなく、条件や、やれること、出来ることで、就職する人も多い日本。
だったらなおさら今与えられている仕事に熱中して、没頭して向き合ってください。
いずれにせよ、それが積み重なっていく中で、身に付き、見えてくるものがあるのです。
余計なことなんて考えたり悩んだりする暇なんてないほど、本気で仕事に取り組んで欲しいと思います。
仕事以外の時間だって勉強することは山ほどあるし、そうしたことにどれだけ一生懸命に取り組んだって、
誰も笑いはしないし、学んだことはすべて自分の血となり肉となります。
それって、人間にとってとても幸せなことなのです。
人は、多くの可能性を秘めている。私は、そう思います。

ゆとりや余裕なんかなくてもいいので、がむしゃら仕事に向き合ってみてください。
そうして気付いたときに、少しは仕事ができるようになっている。
それは、他の事にも通じる本質的なことが沢山あるのです。
そして、同じように仕事をしながらでも、立ち止まらなくても周りを見渡したり、
さらに将来のことを考えたりできるようになるはずです。
そうして得た実力は自信となって、きっと将来のあなたの支えになるはずです。

私は、よくこの質問をされます。
「自分が何に向いているか、何が天職か?」といった問いです。
しかしその答えは、本気で取り組んで生きた人にしか手に出来ないこと。
本気でやったなら、自分で答えが出せるのです。
だから、考えるより、今の自分を成長させるために与えられているものを通して、頑張りましょう!

PAGETOP