【職場風土に影響を与える働きかけ 1】

2018年07月09日 コラム

人が育つ職場風土があれば、どれだけ仕事がはかどるかわかりません。
しかし、職場風土を変革していくには、相応の時間がかかります。
ただし、マネジャーとして、すぐに実行できること、変えられることがあります。
今回は、メンバーとの関係性を向上させる働きかけについてお伝えします。

まず、メンバーの交わりを促進すること。
メンバー同士、互いに興味を示していない状態では、関係性などは生まれません。

職場のメンバーが互いに興味や関心を示すようになるためには、
お互いに貴重で身近な存在であることを共感することが必要になります。
そのきっかけは単純でも良いので、趣味や興味や関心の交わり、
こだわっている部分の交わり、今の仕事をしている動機の交わりなど、
交わる部分をできるだけ多く持つことです。

もちろん、マネジャーがそうした交わりを促進するために、自己開示することも必要となるでしょう。
仲良しクラブを作るのではありませんので、目的を持って関わりましょう。

PAGETOP