【仕事で信頼される人の共通点1】

2018年10月15日 コラム

社会人として、どんな人になりたいですか?と聞くと、
必ず上位に出てくるのが「信頼される人になりたい」という答えです。

「仕事がデキる」というだけではなく、人間性も評価され、いろんな人から頼られる。
そうなりたいと思う人が多いという事ですね。
上司や同僚、あるいは取引先から信頼され、
頼られるような人は何が違うのでしょうか?
どんな点に気をつけて行動しているのでしょうか?

彼らには、いくつかの共通点があります。
今回から、仕事で信頼される人の特徴を紹介していきます。

仕事で信頼される人は、どんなときでも意思表示をはっきりします。
ここで言う意思表示は、我儘で、我が強い、自分勝手と違います。
目的を達成する為に考え、そのための意見はしっかりと考え主張しているという事です。
賛成でも、反対でも、劣勢でも、優勢でも、少数派意見でも、多数派意見でも。
周囲の状況に関わらず、自分の意見をしっかりと主張する。
その揺るぎない姿勢に、周囲からの信頼が集まります。
逆に状況によって意見がブレる人は、いつまでも頼られることがないでしょう。

PAGETOP