【 職場や周りにいる「合わない人」と上手に付き合うには(その5) 】

2021年08月01日 コラム

今回は、
「我が強い」と思われるようになった原因や要因
を解説します。

【原因1】自己顕示欲が強く、周囲に自分の存在をアピールするから。
我の強い人は自分の意見が最良・最高の価値を持つものと考えています。
だから自分の考え方や意見が相手にされないのは我慢なりません。
しかし、世の中は様々な人がいて、その人なりの日常や生活を忙しく過ごしています。
我の強い人の都合にいちいちつき合ってはいられません。
そこで我の強い人は『周りが自分に気づかないだけだ』と思い、自己顕示欲が強くなり周囲に存在をアピールするようになります。
 
【原因2】何事も自分の基準やものさしで物事を測ってしまうから
我の強い人は自分が常に正しいと思っているから、どんなことでも自分を中心に物事を考えてしまうのです。
人の都合や状況に応じた判断をしない。
しかも、その状況にふさわしいやり方をその場で教えようとしても、自分なりの方法を通そうとして話を聞こうとしません。
 
【原因3】否定される恐怖を回避するために人の意見をスルーしている
我の強い人は自分の考えや価値観がこの上なく至高のものと考えています。
それが他人によるジャッジを受けて否定されようものなら、自分の完璧な世界が根底から崩壊するので、当人は絶対に認めないのです。
人の意見をスルーして自分の意見を強引に押し通そうとする原因は、自分の存在が否定される恐怖を回避するため。
否定的なことを言わせないため、相手が口を差し挟めぬように矢継ぎ早に自分の正しさを主張するのもそのためです。
 
【原因4】自尊心が高く何事においても負けず嫌いだから
我の強い人は自分の価値観は誰の考えよりも優れている、つまり自分は人より優位にあるから優先されてしかるべきという思考を持つにいたる傾向があります。
『自分の意見や主張は通って当然→自分は他人より偉い』という考えになると、他人からどう扱われるかが気になり始めます。
自分が置かれた状況や立場に満足できないと、自尊心の高さが頭をもたげ、非常に強い負けず嫌いになるのです。

理解が深まりましたか?
次回から解決方法です。

PAGETOP