【行動心理学・しぐさが持つ意味3】

2019年09月16日 コラム

行動心理学では、人の行動にはそれぞれ共通した意味があるとされています。
行動心理学によって意味づけることのできるしぐさや行動を今回も挙げてみましょう。

今回は、「話の途中で眉間を触る」しぐさです。

それは、「嫌悪感」を表していると言われています。
人の感情は表情に表れますが、相手に対して好意やリラックスを感じているときは頬が緩みます。
反対に嫌な感情を持っているときは眉間に皺が寄るなど皺眉筋(しゅうびきん)が動きます。
そして、相手にその動きを悟られまいとして眉間に手をやるのです。

眉間に手を持っていくしぐさは、「いやだなぁ」と思っている可能性があります。

PAGETOP