オンライン研修トレーニングも好評受付中!

個人の成長は組織の成長に!“人”と向き合い、変化を起こせるリーダーが育つ!

一人一人の持つ“影響力”がチームを変えていく

「影響力」とは他に働きかけ、考えや動きを変化させてしまう力。
これは、人の上に立ち、人を動機付け影響を与える必要がある立場の人が、
必ず持っていなくてはならない必須の能力です。

影響力イメージ図

個々の力は、チーム・組織の力となり、リーダーの成長は、組織を成長させ、

どんな状況がやってきても、乗り越えていける強いチームとなっていきます。

ネクストステージ・プロデュースでは、パーソナルパワーに焦点をあて、

そこから周囲を巻き込み目的を達成する力にしていくためのプログラムを提供しています。


3つの“影響力”を伸ばす

リーダー的立場に立った人たちは、言葉で人を動かす力が、必ず必要となります。

しかし、型にはまった、派手なパフォーマンスができることだけが、リーダーの影響力ではありません。

リーダーといっても色々なリーダーシップの取り方があります。

その人らしさを失わず、影響力を発揮するためには、やらなくてはならないことが沢山あります。

そこで、当社では、その中から、3つの影響力に特化したトレーニングを行っています

影響力1「語る」「話す」「伝える」
シンプルでわかりやすい話し方を身に付けていただき、印象に残り、聞いてもらえる話ができるようになることを目的としています。話し方の癖や表現方法は、慣れてしまっている為、自分では気づきにくいものです。まず、基礎からしっかりとトレーニングを行い、さらにその人の持つ個性を失わず、魅力を引き出し、その“影響力”で、人を動かすプレゼンテーション力の向上と改善を目指します。

影響力2「惹きつける」「動かす」「巻き込む」
自分自身の心構えやスタンス・あり方は、必ず影響力にリンクしています。まず、自分自身を導くリーダーは自分自身です。セルフリーダーシップ力を見直すこと、そして、目的達成のためにチームメンバーの力を最大限に引き出すには何が必要か。リーダーシップに必要な要素について知り、身に付けていただく内容です。メンバーの心をつかみ、強いチームを作っていくために必要な要素を学んでいただけます。

影響力3「達成する」「導く」「育てる」
リーダーの仕事の一つに、メンバーを育てることが挙げられます。ただ、伝えた・教えただけでは、人は育ちません。働き方や価値観が多様化する中で、どうマネジメントをしていく必要があるのかを知り、コミュニケーション方法やコーチングスキルなど、磨く必要があります。リーダーのかかわり方やリレーションシップ能力で、まったく違った結果になります。状況や環境を理由にせず、対応し成果を出していくための内容です。


3つの“影響力”を引き出すためのトレーニングのこだわり Discerning Training5

トレーニングの現場で起こることは、必ずその人の日常でも起こっています。

だからこそ、課題への向かい方、人との力の合わせ方や関わり方など、

その体験から参加者が気づき、それを日常に結び付け、行動に変化を起こしていくことを大事にしています。

TO・BE・DOをより高めてもらうために、5つのことにこだわり、トレーニングしています。

1.徹底した目的の共有

「目的」は、成長のスパイラルを辿るときになくてはならないものです。迷うとき・ぶれるときは、必ず目的を見失っています。トレーニングも、目的をどこに定めるかによって内容が全く違ってきます。「目的」から始まり「目的」に戻る。成果を生むために、参加者とも「目的」を明確にし、しっかりと共有した上で、トレーニングを行います。

1.徹底した目的の共有

2.体験重視のトレーニング

2.体験重視のトレーニング

知識は「知っている」だけでは使えません。体で覚えて初めて「できる」になります。トレーニングは“体験”と“振り返り”に重点を置いて行います。体験は振り返りにより、様々な“気づき”をもたらします。他人から示唆されたことよりも、自分で気づき、納得したことのほうが遥かに早く身につき、確実に自分のものになります。そういう意味でも参加型トレーニングにとことんこだわっています。

3.カスタムメイド・プログラム

同じ研修テーマでも、目的や受講者の状況によって重視するポイントは変わります。そこでしっかりとヒアリングを行い、研修効果が最大限となるカスタムメイド・プログラムをご提案します。
さらに研修当日も、受講者のレベルに合わせて質問やワーク内容をフレキシブルに選択。目的・ゴール達成に向けて、現場のリアリティーを重視したトレーニングを行います。

3.カスタムメイド・プログラム

4.ダイレクト・フィードバック

4.ダイレクト・フィードバック

自分で気づくことからしか、本当の変化は起きません。表面的ではなく、ワークを通じて客観的に自分を知るために、実習の中で起こったことを振り返り、丁寧にフィードバックしていきます。もちろん参加者にも、相手の成長のために正直になってフィードバックをしていただきます。「研修を受けただけ」「感想をまとめただけ」ではなく、日常の変化に繋げられるよう徹底したフィードバックを行っています。

5.つねに対等なスタンスで

トレーナーと参加者はもちろん参加者同士も、研修中は対等な立場。トレーナー自身もその輪に入り、一緒に取り組むという姿勢で臨みます。また参加者同士も、肩書きや地位を一旦脇に置き、お互いに学ぶ者として全員平等に取り組んでいただきます。トレーニングにおいて、お互いに正直に「本音のコミュニケーション」ができる安全な場を作ることを最も大事にしています。

5.つねに対等なスタンスで


トレーニング担当 三神結衣

  • 5,000人以上のトレーニングの実績
  • 公開講座では、プレゼンテーションの講座を数多く担当
  • 受講された方の高評価からのリピート
  • 的確で、まっすぐなフィードバックで、改善点がわかりやすいと定評がある
  • 楽しく自分に向き合える内容だったというアンケートの数
  • オンライントレーニングにおいては、放送局で番組を担当してきた経験
  • メディアに出るために必要な タレント アナウンサー養成所のトレーナーとしての実績
  • 幅広い業界での、人材育成のトレーニング実績