【行動心理学・しぐさが持つ意味7】

2019年10月14日 コラム

行動心理学では、人の行動にはそれぞれ共通した意味があるとされています。
行動心理学によって意味づけることのできるしぐさや行動を今回も挙げてみましょう。

今回は「ジェスチャーがオーバー」です。

もともと、身振り手振りが大きい人がいますが、ここで言うジェスチャーがオーバーというのは、
会話の途中で、相手がいつもより大きく手を振ったり、何度も大げさにうなずいたりするときのことを言います。
そんな時は相手はきっと何かをごまかしています。
人は、大げさに感情を表現することで自分のウソに少しでも信憑性をもたそうとします。
 急に怒り出す、泣きだすなども同じで、都合の悪いことを誤魔化しているサインです。

PAGETOP