【 メンタルを強くする5つの方法(その1)】

2020年11月01日 コラム

それでは、メンタルを強くする(EQを鍛える)具体的な方法を5つ紹介しましょう。
今回は、【その1】

①自分にダメのレッテルを貼らない
自分に対して厳しい人は、心のどこかで「自分はダメなやつ」というレッテルを貼って、知らず知らずに自分のメンタルを傷つけてしまいます。

失敗ばかりする自分はダメ
些細なことを気にしすぎる自分はダメ
言いたいことも言えない自分はダメ
自分のことをダメ認定すればするほど、
「ダメな自分が何をやってもどうせうまくいかない」と自分に自信がもてなくなります。
嫌なことがあっても「自分がダメだからしょうがない」と心挫かれたまま、前に進めなくなってしまいます。

そうならないためには、自分に「ダメレッテル」を貼らないことが大切です。
先ほどの「〇〇する自分はダメ」の部分を、次のように言い換えてみましょう。

たくさん失敗しても踏ん張っている自分は、すごい
些細なことを気にしなきゃいけない環境で頑張っている自分はすごい
言いたいことを言わずに我慢できる自分はすごい

という風に、語尾を「すごい!」に言い換えるだけで、ダメだと否定した時と比べて印象が180度異なります。
「すごい」は、受け入れられないという人がいたら、自分にしっくりくる言葉を探してみましょう。
例えば「なかなかのもんだ」「これから成長するぞ」「できた人間になるわ」といった感じでもいいでしょう。
辛いことがあっても必死に乗り越え努力しているあなたは、ダメなんかじゃなくてすごいのです。
このように、自分に優しくして温かい言葉をかけてあげましょう。

これを重ねていくと、次第にありのままの自分を受け入れることができ、人は人、自分は自分。と思えるようになってきます。

反対に、自分に対して厳しいままでいると、いつも自分と他人を比較して、自分は劣っている、こうでなきゃいけない、ああでなきゃいけないと感じます。
執拗以上に自分を責めたり傷つけてしまいます。

だからもし、あなたの中に「自分はダメな人間」というレッテルがあるのなら、それを一枚一枚剥がしてみてください。
「〇〇する自分はダメな人間」から「〇〇するできる自分は頑張っている、すごい人間」と言い換えましょう。
まずは、自分に対して優しくなるところからスタートです。

PAGETOP